抗酸化作用のある食品で活性酸素をなくして疲労回復(緑茶、レモン、トマトなど)

<抗酸化作用のある食品で体内の活性酸素をなくせば、病気にならず元気で長生き>

 

過去の本には、疲労の原因が乳酸であると記載されていました。しかし現在のインターネットで調べると、

「疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素である」と常識が変わってしまったことに気がつきます。

体が疲れたと感じるのは、活性酸素が増えるからなのです。
激しい運動をすると、活性酸素が発生します。
ヒトの体にはその活性酸素をなくすしくみがあるので、
軽い運動では疲れません。しかしその除去が間に合わないと、
活性酸素が増えて、疲れるのです。
疲れた時に、お茶やレモンなどの抗酸化物質を飲むと、
活性酸素をなくしてくれるので、疲労が回復するのです。
事務的な作業のストレスでも活性酸素は増えます。
食べ過ぎた後の消化時にも、この現象がおきます。
タバコや紫外線も活性酸素を増やします。
病気の時にだるくなるのは、体内の炎症によって活性酸素が増えるからです。
多量に活性酸素ができるので、それを体からなくすしくみが
追いつかず、常に倦怠感を感じるようになるのです。

何を食べたり飲んだりするとよいのでしょうか?
抗酸化物質は多種多様であり、
代表的なものだけでも次のように10種類以上あり、

ビタミンC、ビタミンE、リコピン、アリイン、イミダペプチド、ポリフェノールなどに分類できます。

◆ビタミンC
疲れた時にレモンをとると楽になるのは、抗酸化物質であるレモンのビタミンCが
疲労の原因である活性酸素をなくしてくれるからです。
レモンだけでなく、あらゆる野菜や果物にビタミンCは入っています。
果物は糖分が多いですので、野菜をたくさん食べるのがよいでしょう。
◆ビタミンE
ビタミンEだけでなく、ビタミンCもいっしょにとると
協力して働き、抗酸化作用が効果的となります。
野菜と一緒にピーナッツやミックスナッツを食べると、
ビタミンCとビタミンEの両方が作用して、
毒物である活性酸素を体内からなくしてくれます。
◆リコピン
リコピンはトマトの赤い色素です。だから赤いトマトほどリコピンの抗酸化作用が強いのです。
◆アリイン
強い抗酸化作用があるアリインは、ニンニクだけでなく長ネギや玉ねぎにも含まれています。
◆イミダペプチド
野菜と違い、肉や魚の抗酸化物質の代表は、イミダペプチドです。
イミダペプチドは鶏の胸肉、豚肉、そして魚のマグロ、カツオなどに多く含まれます。

◆ポリフェノール
ポリフェノールのフラボノイドである、
アントシアニン、イソフラボン、カテキン、プロシアニジンなども
活性酸素をなくす抗酸化作用があります。
アントシアニンは、赤紫色のブルーベリーの色素です。
イソフラボンは大豆に含まれます。

だから大豆による食品の豆腐、納豆、枝豆、豆乳などには抗酸化物質が入っています。
緑茶を飲むと疲れがとれるのは、ビタミンC、Eと
カテキンがお茶の中に入っているからです。

カテキンが集まったプロシアニジンは、リンゴの皮に

多いポリフェノールです。

この他にもジャガイモやニンジン、大根など、

イモ類、マメ類、根菜類を含む、ほとんどの野菜に抗酸化作用があります。

このように並べると、イミダペプチド以外は植物ですね。
地球上の動物は植物にたよらないと、
健康でいられないのです。

活性酸素が増えると疲れるだけでなく、
体内の細胞が壊れ、老化が進行し、病気になります。
認知症にもなりやすくなります。

抗酸化物質で活性酸素をなくせば、病気を予防して長生きできるのです。

抗酸化作用を考えて食品を選ぶことの重要性を

忘れないようにしましょう。

●多摩境内科クリニック 福富院長 2019年5月2日 初回投稿

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です