ナファモスタット(フサン)でタンパク質分解酵素を阻害すればSARS-CoV-2は細胞に侵入できない

ナファモスタット(フサン)でタンパク質分解酵素を阻害すればSARS-CoV-2は細胞に侵入できない

新型コロナウイルスが細胞に感染することを阻止できる可能性がある薬としてナファモスタット(フサン)を
同定したと東京大学医科学研究所が発表

●東京大学医科学研究所
「新型コロナウイルス感染初期のウイルス侵入過程を阻止、効率的感染阻害の可能性がある薬剤を同定」
https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00060.html

*ドイツのグループはカモスタット(フォイパン)が
SARS-CoV-2に有効だと2020年3月初めに発表した。
その薬と比較してナファモスタット(フサン)は
低濃度で有効である。

*もうすうでに膵炎に使われている薬なので
新型コロナウイルスに対してすぐに臨床治験を
開始できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。