NHKのガッテンで放送された良性発作性頭位めまい症の治療方法(HUS)

NHKのガッテンで放送された良性発作性頭位めまい症の治し方(HUS)

2019年10月23日にNHKのガッテンで
めまいの新しい治し方の話が放映されました。
内耳の前庭には耳石があります。
耳石がはがれて三半規管の中へ
ころがっていくと、めまいの症状が
おきます。
その耳石が原因のめまいを良性発作性頭位めまい症と
いいます。
治療方法はエプリー法です。横をむいた状態で
体を倒し、反対側に頭をまわしたりして
耳石を動かしめまいを治します。
エプリー法はめまいや吐き気を誘発させるような
頭の動かし方をします。だから病院に救急車で搬送された
ような症状が強い患者さんには、すぐにはできない
ことが多いです。
奈良県立医科大学附属病院めまいセンターの
センター長の北原糺さんらは、誰でも自宅でできる
めまいの簡単な改善方法についての
論文を発表しました。

●頭を上げて寝る方法(head‐up sleep)は
難治性の良性発作性頭位めまい症の患者さんを治せるだろう
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/lio2.270

論文では、頭を45度上げて寝ることを
HUSと略しています。
HUSなら、症状の激しい患者さんにも
すぐにできそうです。

●多摩境内科クリニック ユーチューブ

耳の石の説明を聞くと、良性発作性頭位めまい症はたいしたことない
感じがしますね。しかし実際には激しいめまいと嘔気、嘔吐で
夜間に救急車で搬送される患者さんが
珍しくありません。
寝返りした時にめまいがあり、そのめまいが
右か左の片方だけをむいた時におきるのであれば、
それは耳石による良性発作性頭位めまい症です。
自宅で自分で、頭を45度上げて寝るHUSを試してみるといいでしょう。
HUSやエプリー法でめまいが良くならなかったら、
それは良性発作性頭位めまい症ではなくて、
メニエル症候群、前庭神経炎、椎骨脳底動脈症候群などかも
しれません。めまいの患者を診ることが多い、
耳鼻科か内科の医師にご相談ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です