院内保育室の設計に必要な3つのバリア

院内保育室の設計に必要な3つのバリア

平成28年度から日本の内閣府が企業主導型保育事業を開始しました。
令和元年の10月からは保育無償化も始まりました。
これからは株式会社のビルを建設する時に、
保育施設も検討することが多くなるでしょう。
しかし保育施設は簡単に実現できるものではありません。
日本国の内閣府には「子ども・子育て本部」があります。
東京都福祉保健局では少子社会対策部保育支援課などが担当しています。
町田市には保育幼稚園課があります。
当院の院内保育施設を開始する前には、それらの役所へ福富院長が行って、
院内保育室の設計図を見せ、指導をうけました。
監督官庁の保育施設指導監督基準にはたくさんのチェックリストがならんでいます。
それらに違反しないようにしないと、保育室は行政から営業停止処分されてしまいます。
さらにそれらだけでなく、このような3つのバリアも事前に検討してからはじめないと、
保育室を維持できなくなるでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です