食後高血糖によるAGEで認知症となり老化して病気

<  食後高血糖によるAGEで認知症となり老化して病気  >

体内の血管の中の血液が高血糖の状態であると、
その糖分がタンパク質と結合して、
糖化最終生成物であるAGE(Advanced Glycation End Product)となります。
調理でAGEが多くなった料理を食べると、そのAGEの一部が
体内にとりこまれます。

AGEは、さまざまな病気をひきおこします。
脳の中にAGEがたまると、アルツハイマー病が進行します。
皮膚のコラーゲンがAGEになると、
弾力がなくなってシワができ、皮膚が老化していきます。
血管内の悪玉コレステロールはAGEによって
マクロファージにとりこまれやすくなります。
すると動脈硬化が進行し、脳や心臓の病気になったりします。

AGEが多い料理は避けた方がいいです。
料理にAGEが少なくても、炭水化物を食べ過ぎて
食後の血糖値が高くなると体内でAGEができますから、
血糖がすぐに高くなるGI値の高い食品を食べすぎないように
する必要があります。
パンや麺類はGI値が高いです。
野菜ならGI値が低く、血糖値があがりにくいです。
生野菜をたくさん食べて、揚げ物をなるべく食べないようにしましょう。

■【名医のTHE太鼓判】血管や骨を老化させる悪玉物質AGEとは?AGEの多い食べ物と糖化を阻止する鍋は?博多弁で解説します♪

■Feel Fukuoka Japan ~福岡発の海外向け多言語メディア~
老化だけでなく様々な病気の原因物質となる”AGE(終末糖化産物)”。
その脅威と予防・抑制法について、AGE研究において世界的権威である久留米大学の山岸教授に伺う。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です