落花生・クルミ・カシューナッツ・アーモンドで長寿(ビタミンE)

<落花生やミックスナッツを食べると、長生きできる>

ビタミンEには抗酸化作用があって、
体の健康維持に役立ちます。
その抗酸化作用は、ビタミンCによって
増強します。
ビタミンEはアーモンドやピーナッツにたくさん入っています。
クルミやカシューナッツなどのナッツにも
多く含まれます。

アメリカのハーバードの研究で、ナッツを習慣的に食べると、
心臓病や癌で死ぬリスクが減ることが確認されました。

しかしビタミンEのサプリメントをたくさん飲んでも、
心臓病の予防はできません。
ビタミンEのサプリメントは、癌をふせぐこともできません。
たくさん飲んだら前立腺癌になる人が増えたという調査結果もあります。
ビタミンEには、過剰症があるので、
摂取し過ぎると、かえって有害なのです。

殻付きの落花生の薄皮には抗酸化作用のあるポリフェノールと
長寿遺伝子のスイッチを入れてくれる
レスベラトロールが含まれています。

クルミにはDHAやEPAなどのオメガ3になるα-リノレン酸も
入っているので、血液の流れがよくなり
血管がつまりにくくなります。

カシューナッツは亜鉛などのミネラルが多いのが特徴です。
亜鉛が足りないと、料理の味がわからなくなったり、
感染しやすくなって、体がだるい症状が
続いたりします

アーモンドはナッツの中でも特にビタミンEが
多いです。食物繊維も豊富です。

だから落花生やいろいろなナッツを毎日食べると、長生きできるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。