ハーバードの研究者は、ナッツを食べると長生きできることを発見した

<  ハーバードの研究者は、ナッツによる死亡率の改善を発見した >

“Harvard Researchers Discover Mortality Benefits of Nut Consumption”

A Harvard study has found that consuming nuts on a regular basis
can reduce a person’s risk of dying from heart disease and cancer.

The data, gathered over thirty years of extensive research and experiments,
is based on a participant pool of around 118,000 healthy volunteers.

Volunteers who consistently consumed a one-ounce daily serving of nuts
for seven days a week were
25 percent less likely to die from heart disease,
20 percent less likely to die from lung disease and diabetes,
and 10 percent less likely to die from cancer.
Subjects consumed a variety of nuts, including both peanuts and
“tree nuts,” such as walnuts, cashews, and almonds.

ハーバードの研究で、ナッツを習慣的に食べると、
心臓病と癌で死ぬリスクが減ることがわかった。

データーは、11万8000人を対象とした30年以上の調査で集められた。

1日1オンスのナッツを週に7日食べたボランティアは、
心臓病では25%、呼吸器病と糖尿病は20%、癌では10%、
死亡しにくくなった。

これらの調査では、
ピーナッツと、クルミ、カシューナッツ、アーモンドのような木の実
を含む、いろいろなナッツが使われた。

Harvard Researchers Discover Mortality Benefits of Nut Consumption
https://www.thecrimson.com/article/2013/12/3/harvard-researchers-discover-mortality-benefits-of-nut-consumption/
The Harvard Crimson

ハーバードの研究者は、ナッツを食べると長生きできることを発見した” に対して1件のコメントがあります。

  1. ミケちゃん より:

    ナッツ類は健康にいいことは知っていましたが、この記事を読んで根拠や理論などがわかりやすかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です