脳にたまるアミロイドβとα-シヌクレインという名の老廃物

<  脳にたまるアミロイドβとα-シヌクレインという名の老廃物  >

加齢とともにアミロイドβとα-シヌクレインがたまり、
脳の機能は低下していきます。

アミロイドβは、約20年ほどかけて脳にたまっていきます。
脳の中の老廃物であるアミロイドβは、睡眠中に排出されます。
排出されないと脳の中にたまり、アルツハイマー型認知症が発症します。
運動によって蓄積が抑制されます。ウコンには予防効果があります。
α-シヌクレインは脳幹の中脳にたまってから
上部の脳へひろがります。
そしてパーキンソン病やレビー小体型認知症などが発症します。
パーキンソン病では、中脳の黒質にあるドパミンをだす神経細胞が壊れて、
体を正常に動かせなくなります。体がふるえたり、動きが悪くなったりします。
レビー小体型認知症の症状の特徴は、実際にないものが見える、
幻視です。

●認知症ネット アミロイドβとは  アルツハイマー型認知症の原因を探る
https://info.ninchisho.net/mci/k130

●大日本住友製薬 パーキンソン病ステーション
https://kanja.ds-pharma.jp/health/parkinson/guide/cause.html

●相談e-65 レビー小体型認知症とは
http://sodan.e-65.net/kaigo/lewy_guide/tokucho.html

脳にたまるアミロイドβとα-シヌクレインという名の老廃物” に対して1件のコメントがあります。

  1. Every weekend i used to pay a quick visit this web site, as i wish
    for enjoyment, as this this site conations in fact good funny data too.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。