骨盤底筋の外尿道括約筋を鍛えれば、脳梗塞で過活動膀胱となっても尿失禁しにくくなる

< 骨盤底筋の外尿道括約筋を鍛えれば、脳梗塞で過活動膀胱となっても尿漏れしにくくなる>

「尿もれ」は、医学用語では「過活動膀胱」といいます。

脳出血や脳梗塞、パーキンソン病などは、神経の障害をおこします。
すると膀胱に尿が少ししかたまっていなくても
排尿してしまいます。
この時、自律神経の副交感神経は、交感神経よりも強く
はたらいて、膀胱排尿筋を収縮させるのです。
交感神経支配の内尿道括約筋はゆるみ、
尿道が開いて、尿が出ます。
骨盤底筋である外尿道括約筋を自分の意志で
収縮させて、尿を止めることもできます。
骨盤底筋を強くすれば、神経の調節が悪くなっていても、
尿もれしにくくなるのです。

排尿トラブル改善.com  アステラス製薬
https://hainyou.com/

主治医が見つかる診療所スペシャル
【尿トラブル完全解消 おしっこで病気発見SP テレビ東京

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です