疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素

<  疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素  >

過去の本には、疲労の原因が乳酸であると記載されていました。
しかし現在のインターネットで調べてみると、
「疲労の原因は乳酸ではなく活性酸素である」と常識が変わってしまったことがわかります。
活性酸素を減らせば、疲労感をなくすことができます。
その方法の1つが、イミダペプチドの摂取です。
鳥の胸肉などに含まれるイミダペプチドは、
活性酸素を抑制して、疲れをとることができるのです。

※大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座

[疲労のメカニズム解明:疲労の原因は活性酸素だった]

http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/topics/hirou.html

[イミダペプチド成分について]
http://www.med.osaka-cu.ac.jp/fatigue/topics/imidapepuchido.html

イミダペプチドは、消費者庁に届出が行われ、機能性表示食品として
受理されました。食品では鶏の胸肉・豚肉・マグロ・カツオなどに
イミダペプチドが多く含まれます。
活性酸素を減らして疲労を解消す方法は他にもいろいろありますが、
イミダペプチドは特に効果が強いので、覚えておくとよいでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です