食物繊維で大腸の腸内細菌のビフィズス菌を増やして長寿

食物繊維で大腸のビフィズス菌を増やして元気で長生き

2019年11月20日のNHKのガッテンは、
海藻を毎日食べると腸内の善玉菌が
倍増し長生きできる
という話でした。

京都府の京丹後市は長寿の方が他の地域よりも多くいらっしゃいます。

食事を調べたところ
京丹後市の
人達は毎日のように
海藻をたくさん食べているという
特徴があったそうです。

●ユーチューブ動画:多摩境内科クリニック 福富院長

●コント「大腸のお店は一見さんの悪玉菌お断り」の巻
多摩境内科クリニック 福富院長作 2019年11月21日

大腸のお店の店長
「食物繊維が入っているメニューに
変更してよかったな。
今日も店内は善玉菌の常連さんで
いっぱいだね」

大腸の店員
「常連さんが倍増して、
一見さんが突然いらしゃっても
座る場所がいつもないんですよね」

常連の善玉菌ビフィズス
「店長、この店の食物繊維は
最高だね。長居させてもらうぜ」
大腸の店長
「毎度ありがとうございます」

悪玉菌ウエルシュが来店
「おい、来てやったぜ。
すぐに席を用意しな」
大腸の店員
「お客様、あいにく満席です。
誠にすみません」
悪玉菌
「チッ!座る場所ないのかよ」
大腸の店員
「メニューに食物繊維を追加したら、
常連さんが倍増しまして。
せっかく来ていただいたのに
申し訳ないです。
肛門の出口からお帰りください」
悪玉菌
「なんだよ。店内を見ることしかできなかったじゃねえか。
オイ、押すな押すな。トイレに俺を流すな!
1回ぐらい座らせてくれよ」
大腸の店員
「残念ですが無理です」
悪玉菌
「ワー、トイレ嫌だ!助けてくれー!」
大腸の店員
「さようならー、また来ないでねー」

ジャーゴボゴボゴボ

●福富院長のおすすめはミルミルS

ヤクルトが販売している
ミルミルSには、ビフィズス菌と
食物繊維の両方が入っています。

大腸の善玉菌を増やすのに必要なものに
特化した成分であり、最高です。

しかし諸事情により、
「ミルミルSを毎日飲めば、
病気にならず長生きできる」
と、日本では宣伝しません。

●食物繊維でガンを予防して長生きできる理由

大腸の善玉菌の代表はビフィズス菌です。
食物繊維を食べると、
それは大腸で腸内細菌によって分解され
酪酸などの短鎖脂肪酸ができます。
すると免疫が抑制されて
潰瘍性大腸炎やクローン病などの
炎症性腸疾患の症状が改善します。
炎症性腸疾患を放置すると
そこから癌が発生しやすくなりますが、
それをくいとめることができるのです。

だから食物繊維を食べると
癌を予防して長生きできるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です