遅延型の食物アレルギーであるグルテン過敏症は原因食品の中止で診断治療できる

<  原因不明のまま診断されないことが多い、遅延型の食物アレルギーであるグルテン過敏症 >

グルテン過敏症は、パンや麺などの小麦粉のグルテンによる、
遅延型の食物アレルギーです。
食事直後に症状がでる、即時型のアレルギーと違い、
長時間しないと症状がでないので、病気の原因が食品だと
気がつきません。
病気で苦しんでいても病院に行かない人が多いのです。
大病院へ行っても、すぐには診断してもらえません。
血液検査をしても、グルテン過敏症かどうかはわかりません。
大きな機械で撮影して調べることもできません。
珍しい病気ではないのに、大勢の人達が、病名すらわからないままに、
苦しみ続けているのです。
グルテンが原因だと認識できれば、食べないようにすることで
症状をなくし、健康な体にもどることができます。

◇グルテン過敏症の症状:
肌荒れ(皮膚のぶつぶつ、発疹)
疲労感(疲れた、だるい)
うつ症状(不安、悲しい、無気力感、やる気がしない)
頭部症状(頭痛、めまい、集中力の低下、頭がもやもや、ぼーっとする、すっきりしない)
胃腸症状(腹部膨満感、消化不良、便秘、下痢)
関節痛
口内炎など

◇症状が似ている病気:
膠原病・自己免疫疾患(SLE、慢性関節リウマチ、クローン病、潰瘍性大腸炎、橋本病など)
皮膚疾患(湿疹、蕁麻疹、皮膚掻痒症など)
うつ病
慢性疲労症候群
過敏性腸症候群

◇石井 亜美さんの動画 「グルテンフリーを試してみた結果・・!! 」

◇遅延型の食事アレルギーを血液検査で診断しようとしてはいけない理由
IgE抗体による即時型アレルギーは、血液検査をすることがありますし、健康保険も使えます。
しかし遅延型アレルギーはIgE抗体でなくIgG抗体が関係します。

遅延型の食物アレルギーは血液検査でIgG抗体を検査しても診断できません。保険適応もありません。
〔学会見解〕血中食物抗原特異的IgG抗体検査に関する注意喚起
https://www.jsaweb.jp/modules/important/index.php?content_id=51

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です