オリンピックの時に海産物の魚や貝は、腸炎ビブリオによる食中毒に注意

< 海の魚や貝を食べる時は、腸炎ビブリオによる食中毒に注意 >

夏の暑いオリンピックの時には、寿司や刺身を食べるのは、
競技の前日ではなく勝負が終わってからにしましょう。

オリンピックが開催される夏の暑い時期は、
腸炎ビブリオなどの食中毒をおこす菌が増えやすくなる時期でもあります。

海でとれた魚や貝には、腸炎ビブリオがついていることがあります。

腸炎ビブリオは海水が好きな菌であり、
塩分がない川の水の中に腸炎ビブリオはいません。

魚を氷で冷やしておくと、腸炎ビブリオは増えませんが、
死滅はしないで残ります。

腸炎ビブリオは増殖がとても速い菌です。
あたたかくなると、約10分で2倍に分裂し、
1つの菌が10万以上になるのに約3時間しかかかりません。

10万以上の数の腸炎ビブリオがいる食事を食べてしまうと、
約半日の潜伏期の後、強烈な腹痛をおこし、
菌が腸の外に出ていなくなるまで下痢が続きます。

日本人のオリンピック選手は、
競技の前ではなく、
メダルをとってから寿司屋へ行くと
いいでしょうね。

東京都福祉保健局 食品安全情報サイト 腸炎ビブリオ
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/micro/tyouen.html

オリンピックの時に海産物の魚や貝は、腸炎ビブリオによる食中毒に注意” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です