野菜の細胞さんは細菌性食中毒をおこさない

<  野菜の細胞さんは細菌性食中毒をおこさない  >

テレビ・新聞・インターネットなどのマスメディアで、
食中毒の報道をする方は、タイトルに「野菜が原因」と書かないで
いただきたいと思います。
「野菜の表面についていた細菌が原因」と表現してほしいのです。
「野菜が原因」と書いてあると、それを読んだ大勢の人が、
野菜の中に細菌がいたのだと誤認してしまいます。
食中毒の菌を含む、ほとんどの細菌は、植物の細胞の中に入る
ことができません。だから野菜の中で食中毒の細菌が増殖する
ことはないのです。
しかし、実際には、野菜から検体をとって細菌培養すると、
一般細菌や食中毒の細菌が検出されます。野菜を食べて食中毒を
おこす人もいます。
それらはみな、野菜の中ではなく外の表面についていた
細菌によるものなのです。
野菜の表面が細菌の増殖する3条件を満たしていると、そこで細菌が増えます。
3条件とは、栄養・水・温度です。
最初は細菌の数が1個でも、3条件を満たしていれば、2時間以上たつと
食中毒を発症させるのに必要な数まで細菌が増えてしまいます。
食中毒がおこるしくみを理解している人にとって、
食中毒を予防することは難しいことではありません。
食中毒予防の3原則である「つけない」「増やさない」「やっつける」
に気をつけていればいいのです。

誰かが野菜さんの着ている服にバイキンをつけました。
そしてそれを食べた人が食中毒をおこしました。
野菜さんの服を検査したら食中毒の菌が検出されました。
この時に、野菜さんを冤罪で誤認逮捕して牢屋に入れてはいけません。

「食中毒の原因は野菜」という表現は野菜に対する濡れ衣です。

野菜を加工した食品には、野菜の細胞から出た成分が

たっぷり入っていますが、それは元の細胞を破壊した後の「栄養」です。

細胞の集合体である野菜とは違います。
野菜の細胞さんは無実です。食中毒事件は栄養があるところで増えるバイキンがおこすのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です