手についたウイルスが口から入って夏風邪

夏風邪

普通の風邪は寒い冬に流行します。しかし、夏風邪は暑い夏に感染する特殊な風邪です。
冬に鼻水や咳症状があったら風邪ですが、夏の風邪は症状がちょっと変わっています。
お腹が痛んで、下痢をすることがあります。
子供の場合は、口や手足に水疱ができることがあります。口の奥やのどが痛んだりします。
目がかゆんだり痛む、はやり目も夏風邪のウイルスによっておこります。

アデノウイルスが原因の、夏のはやり目である咽頭結膜炎は
昔はプールで感染することが多かったので、プール熱という名前がつきました。

しかし最近ではプールに塩素を入れていますのでプールで感染することは少なくなりました。

腸管ウイルス(エンテロウイルス属)による、ヘルパンギーナや手足口病は、子供に多い夏風邪です。

ヘルパンギーナは発熱し、口の中に水疱性の発疹ができます。

口だけでなく手足にも水疱性の発疹がでたら、手足口病です。

エンテロウイルスは、腸で増殖するウイルスという意味です。

便にウイルスが排出されますので、トイレの後は手にウイルスが付着していないように
する必要があります。ウイルスがついた手で食品に触り、
それを誰かが食べると、口からウイルスが入って感染してしまいます。

お腹の腸でウイルスが増えると、下痢となりお腹が痛み、嘔吐したりします。

医学的にはウイルス性胃腸炎であり、俗には「おなかの風邪」とも言います。

日本の家庭では、夏になると緑茶をやめて麦茶に変えることが
多いようです。
しかし緑茶にはカテキンが入っていて、風邪のウイルスに対する免疫力を高める効果があります。

お茶を飲まないと病気に負けやすくなるのです。

麦茶を飲んでもいいですが、緑茶を飲むのをやめてしまわないようにしましょう。
ただし、緑茶にはカフェインも入っていますので、麦茶のように大量には飲まない方がいいでしょう。
夏の朝はまず緑茶を飲み、麦茶はその後にするのがおすすめです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です