静止膜電位からNaが神経に流入し脱分極して活動電位

<   神経の興奮伝導時の活動電位のしくみ  >

通常の状態では、神経細胞の軸索の外にはナトリウムイオンが多く、
中にはカリウムイオンが多いです。そのイオンによって
発生する電位差を、静止膜電位といいます。
神経の興奮がおきた時には、ナトリウムイオンチャンネルが開いて、
軸索の外のプラス電荷のナトリウムイオンが中へ流入します。
この時の電位の変化を、活動電位といいます。
プラス電荷のナトリウムの移動によって、
静止膜電位が打ち消されるので、脱分極ともいいます。
このようにして神経の興奮がおきます。
その後、軸索内のカリウムイオンが外に流出します。
プラス電荷のカリウムイオンの移動によって、
静止膜電位が元にもどるので、これを再分極と呼びます。
そして神経細胞の軸索の興奮が終了します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です